So-net無料ブログ作成
検索選択

恐竜の公園 [3歳]

近くの動物公園の恐竜コーナーに行ってきました。
朝から「恐竜の公園行く!」とぼっちゃまは張り切っていました。

到着すると、初めて来た私に案内してくれるので、可愛くて笑ってしまいました。
ムスメッコは怖がっていたのですが、到着すると、
「ママ〜!すごいよ!すごい大きい恐竜がいるよ!」と大興奮です。

すごい大きいね、かっこいいね、と私も調子を合わせていると、
「でも…、これは石でできている…。」と急に冷めた声で言うぼっちゃま。

まぁ、石でできているけれども…。

で、そんなこと言うくせに、次の瞬間にはまた大興奮で…。
子供って不思議です。

「ね」を習得 [3歳]

車で走っていたらムスメッコが急に、
「ねこの『ね』!」と叫んで私に教えてくれました。

何かの看板に「ね」があったらしい。

「ね」を完全に覚えたようです。やったー!

絵本を読んでいても「ね」が入ってくると、「ねこの『ね』」というのです。
覚えるのが楽しくなってくるといいなぁ。

名前の文字は雰囲気で覚えているみたいですが、
少しずつひらがな覚えさせたかったけど、
やっぱりこれは教えてもダメなのね、覚えようという気持ちがなければ。


ぼっちゃまとデート [3歳]

ゴールデンウィークも後半。今日は思いがけず素敵な1日になりました。

両親とお昼を外で食べることになり、やや気が進まなかったのですが仕方なく行き、
食事自体は普通に食べただけでしたが、
お店を出て車へ向かう途中にぼっちゃまが、
電車に乗りたい!」と言い出しました。
お店は駅ビルにあり、駅にいたので乗りたいと思ったみたい。

普通だったらなんだかんだ言って止めるところですが、
親を送っていかなければならないのだし、だったら電車に乗ってもいいんじゃないかな、と思い、
ぼっちゃまと二人で電車に乗ることになりました。

私とは初めて。ぼっちゃまは半年ほど前にパパと乗ったので2回目です。

しっかり手をつないで本当にデートみたい。
電車に乗る時は静かにしようね、とか、並んで乗るよの、とか少し注意事項を伝えた時も、素直にハイハイと聞いて「ぼくちゃんと乗るよ!」と張り切っていました。

空いている時間帯だったのでのんびりと乗ることができました。一駅だけだけどたのしかった〜。

下りた電車を手を振って見送り、はしゃぎながらホームを歩いて、
改札を出たところにあった証明写真で記念に写真を撮りました。

いい写真が撮れたし、二人で撮れたし、本当にいい思い出になったな。
いつまでも忘れない日になりそうです。

駅のすぐ前にある公園でパパたちを待つ間も、いい時間だったなぁ。


今度はムスメッコと、また違うバージョンのデート、したいな。

全員アリエルでいいんじゃない? [3歳]

ダンゴムシをぼっちゃまが1匹捕まえました。
そしてそれをムスメッコにプレゼント
嬉しかったみたいで、家にも持って帰ってきました。
そして、お気に入りの瓶に入れて大事に育てることになりました。

ネットで検索したらえさは「枯れ葉」とのことですが、その他にもパンとかきゅうりキャベツなんかをあげてたりしていました。
枯れ葉を入れて、りんごの皮、ぶどうの枝を入れてみました。
なんの反応も無し。
好きな枯れ葉じゃなかったかな。
きゅうりもあげたら、これには食いついてきて、ずっときゅうりの上にいました。食べているのかどうかはよくわからないけど、何日かすると糞も出てたので、何かを食べているみたいです。

そういえばこのダンゴムシになんて名前にする?とムスメッコに聞くと、
「アリエル!」と即答。
ぼっちゃまは、
えーアリエル?アリエルじゃないでしょ!ダンゴムシ!
と言いますが、
とりあえずアリエルになりました。

ダンゴムシの名前がアリエルって…。


数日後、今度は手に5〜6匹も捕まえてきて、家族が増えてしまいました。
少し大きな容器に引越ししました。海苔の容器の空いたやつ。

こんなに増えたらどの子がアリエルかわかんないじゃん、
今度の子たちはなんて名前にする?と聞くと、

「全員アリエルにしようよ!全部アリエルでいいんじゃない?」と
嬉しそうに命名。

ぼっちゃまはやっぱり否定的で、
「アリエルじゃないよ、だ・ん・ご・む・し!」と繰り返します。


このダンゴムシたち、このあとどうしたらいいんだろうか…。
やっぱり私が世話するのかしら。


わんわんちゃんが出てくるケヒメのやつ [3歳]

ムスメッコが私に必死に訴えてきました。
「わんわんちゃんが出てくるケヒメのやつが見たい」

わからないので、もう一度聞くと、
「ぼっちゃまがだいすきな、わんわんちゃんがでてくる、テレビのやつで、ケヒメが出てて、お姉さんのやつ」

と繰り返します。

全くわからず…、
結局違うジブリのを見せはじめたら、
これじゃないこれじゃない!と騒ぎまくりました…。

正解は、
「もののけ姫」でした。
わんわんちゃん、は山犬のことで、ケヒメはもののけ姫でした。

難しいよ…。

一切〜3歳 [3歳]

先日何かの事で叱っていて、
「もう一切これからはダメだからね!」と怒りモードで言ったのですが、
ぼっちゃまはややうつむいた状態で指を3の状態に出してきて、
何かアピール。
なんだそりゃ、もしかして?

「もしかして3歳ってこと?」と聞くと、
そうだよ、だって。

いっさいだめ、と言ったら、僕は3歳だ、と。。。。。。


うーん、怒る気が無くなりました…。うわてだ。

キレて負傷 [3歳]

朝からグズグズが続いて、それでも何とか対応していたのだけど、
プレに行ってもグズグズ、帰り際もグズグズで、
お昼すぎに、結局キレてしまいました。

あまりの怒りにどうすることもできず、何かに怒りをぶつけなければいられなくなり、
柱を思いっきり蹴る、という行動に出ました。

おもいっきり、だったので、足の裏に柱の角がかなりヒットして、瞬間的にも痛かったですがそのあともじわじわと痛みが増して、
夜になる頃には、足をつけない状態に。

まだ怒りは残っているし、ぐずりも収まっていないし、痛みは出るし。。
散々でした。

一晩明けましたが、足は痛いし、気持ちもまだ引きずってるし、
落ち込んでしまいます。。。

数ヶ月に一度、思いっきりキレる傾向があるみたいです。
バイオリズムが悪いのとぐずるのが重なると、どうにも対応できなくなっちゃうんだろうなぁ。
もちろんそれを踏まえて、いろいろやり過ごしてはいるんですが…。

無理な時は無理しないで、、、過ぎるのをまとう…。

しまじろう関係のダウンロード [3歳]

こどもちゃれんじのぽけっとを受講しています、
今年度は工作遊びがついてきていて、ちぎる、貼る、切る、などをやります。

3月のアートブックが届いたのでやったのですが、
相当楽しかったらしくて、「もう一回やりたい!」とかなり泣かれて困ってしまいました。

ちょきぺたぶっくは1回やったらおしまいだし、最初なんてまだわけわかってないから、
手当たり次第破いたり、やたらめったらやるので、あまり積極的にやらせていませんでした。
なんかもったいなくて…。
けど、取っておいたってしょうがないのでやっちゃおう、と思ってやったのですが、
こんなに泣かれると困っちゃって…。

そしたら、会員ページにスペシャルコンテンツ、とあって、

ちょきぺたぶっくをダウンロード、できました。

全ページじゃないですが、同じものがダウンロードできて、印刷して使うことができました。
すごーい。
泣き叫んでいたムスメッコは、これを15枚も作成して大満足で、
工作遊びが楽しくなったようです。

惜しげなく遊ばせられるので、このサービスは助かります。

どうやっても片付かない… [3歳]

今日はパパに子供達を任せて、私は家で片付けなどしたいと思いつつ、お茶を飲んでのんびりしています。
それにしても、部屋中散らかりまくって、どうにも片付かない…。
おもちゃの配置も、、、いろいろ変えてもなんだか定着しません。

ぼっちゃまのブロックミニカー
ムスメッコの人形や細々としたおままごと道具
しまじろう関係のもの、
絵本その他…。

大まかにはこんな感じだけど、もちろんそれぞれで遊ぶわけでもなく、全てがミックスされて部屋じゅうに散らばってしまいます。

かといって、ごっそり箱などにしまうと、
「あれがない、これがない」となって、探し回るので、
ある程度は分類して場所にしまうようにしていますが、
全く追いつかない状態。

子供達なりに片付けるようにもなってきましたが、追いつかないです。

ものが多すぎるのかもなぁ。


そして、今日みたいにしーんとして片付けられる時間ができると、
「そもそも根本的に間違ってるんだろう!」と思い始めてしまって、模様替えをしたくなっちゃう。

現実逃避ですな…。

今日もやってしまいそう…。

とってもおいしいよ [3歳]

ご飯を何かしら作って食べますが、
ほぼ必ず、「ママ!このごはん、とってもおいしいよ!」と言ってくれます。
喜んでくれるとうれしいので、やる気にもなります。

お昼ご飯の時、ケチャップ味のチャーハンを作ったのですが、
「今日のご飯とってもおいしいよ!」「ママすごいね!」と言ってくれたので、
ぼっちゃまもすごいよ、美味しく食べてくれてママ嬉しいよ、と言って、
「これには、たまねぎも人参もたくさん入っているし、トマトも入ってるんだよ、でも美味しいよね〜」
と言ってみました。
すると、一瞬、ギョッっとしたぼっちゃま。

「え!トマト!マジか」っていう感じの顔。

言わないほうがよかったかなぁ、と思ったのですが、すかさず、
美味しいでしょ、いっぱい食べられたもんね、
というと、
残りのチャーハンをつっつきながら、「と、と、トマト?どこに???どこにトマト!?」とまだ不安そうでしたが、
味が美味しかったので食べられそうだと思えたみたいで、そのあとも食べて完食してくれました。

ムスメッコは野菜も好きだし大概なんでもたべれるけれど、ぼっちゃまは野菜が苦手なので、食べさせるのに苦労しますが、
この頃は少し自信がついてきたみたいで、味噌汁の具の野菜などは時々食べています。
そのうち食べられるようにはなるでしょうが、なにせ私がそもそも野菜めんどくさい派なので、親に似ちゃってるんでしょうね。意識して食べるようにしなくちゃ。