So-net無料ブログ作成

とてもお姉さんなムスメッコ [年少組]

朝玄関で出かける支度をしていたら急に愛おしくなっちゃって、
ギューっと抱きしめて「大好きだよ〜」と言っていたら、
ムスメッコは、
「えー、私のこと好きだからずっと一緒にいたくなっちゃったの?」
というので、
「うん、そうなの、ずーっと一緒にいたいんだ〜」
と言ったら、
「あ〜そうなんだ〜、でも私幼稚園に行かなくちゃいけないからさぁ」
と照れた顔をしながら言いました。
「でもでももっとずっと一緒にいたいよぉ」
というと、
「うん、うん、わかったよぉ、だけど幼稚園行ってくるからさぁ、帰って来たらずっとずっと一緒にいてあげるからね」
と、諭してくれました。

何でしょうか、このオトナな感じ。

全身から「もぉぉ、しょうがないなぁ、まったくもぉ」と言いつつ嬉しさが溢れていて、ものすごく可愛かった!
すごく頼りになる女の子だなぁ。


そして、その正反対のぼっちゃま。
毎日行き渋っていて、参ってしまいます…。

おもちゃを買ってもらったので月曜日は行きましたが、
火曜日はいきなり嫌がって、でも脅したり急かしたりして最終的にはおんぶして送っていき、
水曜日はバスには乗れなかったけれどそのあとは急にすっきりした様子になって元気に送って行って、
木曜日はどうしても休む、というので休み、
…、というのも、水曜日は私の用事があったのでどうしても行って欲しくてつい「明日は休んでいいから今日は行って!」と言ってしまったのですが、それを覚えていてそれをネタに行かないと言い張るんで仕方なく休ませ、
金曜日は、行きたくないといえば行かなくて済みそうだから行きたくないと言ってみた、という態度が丸見えだったので送って行くことにしようかなと思っていたら、
バスが行ってしまったあとはすっかり元気になって行く気になっていたので送るつもりでいたら、
いざ行こうとすると行き渋ってかなり泣いていましたが、
やっぱり脅したり急かしたりしておんぶして行きました。

園に着くともうクラスメイトもこの頃泣いてばかりのぼっちゃまのことをわかっており、中にはからかってくる子もいたりして…。
先生は「すごいじゃん、がんばって来れたね!」と褒めてくれるし、先生によると少し泣いているけれども割とすぐに落ち着いて泣き止んであとは楽しく過ごしていますよ、とのことなので、そしてバスから降りてくると「ようちえんたのしかったよ!」と帰ってくるので、
行けば楽しいというのはわかっているのだけれど、
朝はどうしてもママから離れたくない、という気持ちが強くなっちゃうようで…。
しばらく続くのかなぁ、2学期はずっと続いているなぁ…。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

また無理矢理乗車。 [年少組]

前回の無理矢理からたった2日、、、
週明けにまた「行きたくない…」とつぶやくぼっちゃま。
もしかしてまた風邪かな、と思い、休ませました。

日曜日の遊び方が問題なんだよなぁ、とか思ったり、
休み明けはやっぱりいつも行きたがらないなぁ、とか思ったり。

寝る前になると、明日は行く、というので安心していると、翌朝また「行きたくない…」となり、、、
悩みますがまあ、きっとこれは風邪なんだ、と思おうとして休ませ、
3日間休ませました。
そして祝日を挟んで、
今日は行かせたい…、という気持ちが強い私。

体調も良さそうなんだよなぁ…。

だけど「今日は行こう」とか、明日はお休みしてもいいから(本当は土曜日で単に休み)今日だけ行こう、とか、色々言ってみましたが、「行かない…」と表情固いまま。

そろそろ着替えて準備する時間だよ、とムスメッコに言っていたら、
ぼっちゃまは無言ですぅーっと2階へ行ったのでどうしたのかな、と思ったら、
自分で着替え(私服)を準備して黙って自分でどんどん着替えてしまいました。

何と…、知恵がまわる。
私に言われる前に私服に着替え「行かないアピール」をする3歳児。

ぶつぶつ言わないようにと一生懸命心で唱えるのだけれどどうしてもぶつぶつ言ってしまう私…。
やっぱり焦りが全身から漏れ出ちゃうだよなぁ、、、このまま行かなくなっちゃったらどうしよぉ、という気持ちが…。

私服のままとにかく外へ出て自分で先生に行かないと伝えよう、と言って外に出し、
私は幼稚園の準備セットを持って外へ行って、バスを待ちました。

その間のムスメッコは本当に頼りになる、というか、助かります。。。
時々ぼっちゃまの気持ちを代弁したりして…、お姉さんぽい。

バスが到着すると、玄関で車の陰に隠れているので、手を引っ張って連れ出して、強引に引っ張って走ってバスまで連れてきました。
その時点で嫌だ嫌だと言ってはいるけれど足で走ってきたので行けそうな気がしました。
絶対に絶対に嫌だったら引っ張られても座り込んで走らないと思うし。
バスのところまできたら先生が抱き上げてバスに乗せてくれました。
抵抗していたけれど全力じゃなくて多分7割くらいのパワーだったかな。
とにかく乗ったし座ったし、あとは先生に丸投げですが、とにかく登園しました。


今日などんな顔して帰ってくるだろう。。。ご機嫌になってるといいけどなぁ。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

無理やり乗車のあと [年少組]

週末旅行に行って、朝気だるい気分のままのぼっちゃま、
「今日は幼稚園休む」とつぶやきました。
またか…、と思いましたが、さらっと流しておいたら、朝ごはんのホットケーキにテンションが上がって幼稚園行く、と言いだしました。
よかったよかったと安心していたのですが、家を出るほんの3分前に、おもちゃの部品が足りないことで落ち込んでしまい、また「今日は休みたい」と言い始めてしまいました。
そのやりとりで私はイラついてしまい、いろいろと脅しの言葉をまくしたてたので、「じゃあ行く(涙)」と、かなり渋々家を出ました。
バスに乗るまで数分の間にどんどん落ち込んでいって、バスが到着すると泣きながら「行かない行かない!」と暴れたのですが、先生に無理やりに乗せてもらい、バスのドアを私が閉めて閉じ込めてしまいました。
バスは無事?出発。そのまま園に向かいました。


帰ってきて、さぞかし怒っているだろうと心配していたのですが、かなりご機嫌で帰ってきました。
せっかくご機嫌なので朝の出来事には触れず午後を過ごしました。
そして寝る時。
幼稚園に無理やり行かせたことを謝りつつ行ったことを褒めようと思って、
「ぼっちゃま、今日は幼稚園に行って偉かったね、楽しく遊んできて偉かったね」といい、
続けてこう言うつもりでした。
「バスに無理やり乗せてごめんね」と。
でもぼっちゃまがなにか言いかけたので言わずに聞いてみると、
「ママ、幼稚園に行かない行かない、と言って泣いてごめんね」
という言葉でした。

なんて素敵なこと言うのかしら!泣いちゃうわ。。。

無理やり乗せたことを謝るつもりでしたが、とっさに変えて、
「ママは知ってたんだよ、無理やり乗せたけど幼稚園に行ったら楽しく遊べるって知ってたから無理やり乗せたんだよ」
というと、
「うん、幼稚園に行けてよかった、みんなと遊べたから楽しかったよ」と穏やかな声で言いました。

何でしょうね、急に大人みたいなことを言うんだなぁ。




nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

メニュー完璧 [年少組]

夕飯の支度をしながらぼっちゃまと話していて、何気なく「今日の給食なんだったの?」と聞くと、
「ごはんと、たまごと、ニンジンと、キャベツと、あと白スープ!」
と即答してくれました。
私はもちろん1回じゃわかりません…、で、白スープってなに?と聞くと、白スープは白スープ!というぼっちゃま。そして、
たまごには野菜が入っていた!と。


給食の献立を確認すると、
五穀米、クリームスープ、スパニッシュオムレツ、ニンジンとキャベツの炒め物
でした。

すごい!完璧!
白スープはクリームスープでした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

無理やりはダメだね… [年少組]

月曜日の朝、何となく元気がなさそうな様子のぼっちゃま。
ごはんも、食べない、と何となく不機嫌。

着替えて幼稚園の準備しよう、というと、
「今日は行かない…。ドライブヘッドと遊びたいから…。」
というので、
それは甘えだ…、と思い、いろんな方法で行こうと誘って、でもダメで、
そんな風に行かないという子は「耳かき」しよう、とか、行かないんだったらお昼は野菜だけにするよ、とか、お仕置き系のことで試してみたけどダメ。

でも、あれこれ言って何とか着替えさせてバス停へ。
バスの先生に「自分で行かないと言う」という設定でバス停へ行きました。
私がカバンを持って出ると、

「ぼくは今日はいかないんだから、先生に行かないって言うんだから、カバンは持ってこないで!」
と鋭い指摘をするほどどこか冷静なんですが、でも私は無理やりにバスに乗せて行ってもらうつもりだったのでしれっとカバンを持って出ました。

バスの先生にカバンを渡して、行かない!と叫ぶぼっちゃまを無理やり乗せようとしたのですが、先生も慌てるほどに暴れてしまって完全に行かないつもりの抵抗。

3度試しましたが、ダメそうで、仕方がないので諦めました。
こんなに行きたくないのに行かせることもないか…、と。

とにかく暴れるし大泣きなので折れてしまったけれど、気持ちのどこかでは「ここで突っぱねる勇気が必要なのではないか」と思ったりもしています。
暴れれば行かなくて済む、という前例を作ってしまったのではないかと、少し不安に思っていました。


帰宅してすぐに、
無理やりに乗せようとしてごめんね、と謝って、

一応許してもらって、
鼻水出てるしお薬飲んで寝ましょうね、というと、素直に薬を飲んで、素直に寝ました。

寝るなんてびっくり。やっぱり具合が悪いのかな。

2時間ほど寝て、
起きてからは工作したりひらがなの練習をしたり、気分も良さそう。

スーパーに買い物にも行きましたがお菓子もおもちゃも買わない、という約束も守ってくれました。

そしてお昼寝も!お昼寝は3時間ほど。
こんなに寝ちゃうなんてやっぱり具合が悪いんだなぁ。

3時間も昼寝をしちゃったので夜は寝ないかな、と不安でしたが、
9時頃に就寝。これはさすがにブツブツ文句も言っていたしなかなか寝られなくてもぞもぞしていましたが、それでも寝るってことはやっぱり体が睡眠を欲しているわけだから、やっぱり具合が悪かったんだなぁと思いました。


そして翌朝。
何ともすっきりした表情のぼっちゃま。
朝ごはんももりもりと食べて、ご機嫌です。
「ご飯を食べたらドライブヘッドを見る」というので、内心着替えてからにしてくれ!と思ったけれど波風立てないために素直に見せました。
見終わってからだと出発の時間が結構ギリギリだけど、見終わってから着替えて、一応間に合いましたし、
「行かない」とかそういう素振りもせずに、すんなり着替えてくれて、すんなり家を出ました。
バスが来てもすんなり乗って行きました。


昨日のあの暴れっぷり、、、、、、、、、

やっぱり体調が悪かったんだね…。


行かない、行きたくない、というのには理由があるんだね…。
無理矢理はダメだね…。ごめんなさい。

次に行かないと言った時は、素直に認めてあげよう…、疑ってゴメン。。。。。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

また元気に行き始めました [年少組]

行きたくないと渋る日が続いたぼっちゃま。
でも風邪で調子が悪いので言っていたようでした。
行きたくない理由を聞くとお友達が意地悪するから、というようなことを言うので心配しましたが、先生の話によると…それも今の所心配するほどのことでもなさそうでした。

あまりに行きたがらないので、何だか急に心配になって幼稚園に電話して相談したのですが、なるほどなるほどと一応心配そうに聞いてくれて、「行きたがらなくても少し無理にでもバスに乗せてもらえればこちらで対処しますから」と言ってくれて、
けれど私はその「無理やり園に行かせる」というのがちょっと引っかかっていて…、どうしよう…、と思いましたが、
このタイミングで来れなくなっちゃうとずっと幼稚園に来れなくなっちゃうので…、と言われて不安になり…、
でも、
「お母さんがあれこれ心配して聞きすぎてしまうと、本人にとってはほんの些細な大したことない出来事(〇〇くんにおもちゃをとられた、お砂場で仲間に入れてもらえなかった)がものすごく嫌な出来事に変わってしまってそして園に行くのを嫌がるようになる、ということもあるので、
心配でしょうがあれこれ聞かずに送り出してもらえると助かります…。」
と、
つまり母が根掘り葉掘り聞くのは良くなく、気にしないで明るく過ごしてください、
ということで、

そうかぁそうなのかぁ、、、と逆にまた落ち込んだりしていました。

週末を挟んで4日連続休んだ時はどうなるかと思ったけれど、そのうち風邪も良くなってきたようで「バッタを採ったこと幼稚園のお友達に教えてあげよーっと。」とか、「幼稚園ではアキアカネが飛んでいて僕はそれを捕まえて図鑑で調べたんだ」とか、
元気ないつものぼっちゃまに戻りつつあったので、安心しました。

お月見団子パーティーの日、今日はパーティーあるから行ったら?というと、今日も行かない…、と一度は言ったけれど結局は登園し、その日からは毎日行ってくれています。

どうなることかと思ったけど、一安心です。



ま、将来的に、これが何かの始まりだった、ということもあるかもしれないけれど、
とりあえず目の前の出来事を対処して過ごしていくしかないので、考えすぎないようにしたいと思います。


そして、ムスメッコは本当に助かるのだけれど、
一人でも行くし(普通の子は一人で行っていて何ら特別でも何でもないけど、双子って何かと共同体だったりするので一人で活動するっていうのは結構なハードルだったりする…。)
幼稚園で楽しかったことをぼっちゃまに話して「明日は一緒に行こうよ」なんて誘ってくれてたりしたし、
本当なのかどうなのか、「ぼっちゃまがいないから私泣いちゃったの」と切ない告白をしつつも、「明日も幼稚園行くよ〜〇〇ちゃんとあそぶんだもん!」と笑顔で話してくれたりして。

元気で成長してくれることが本当に嬉しいです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

今日もおやすみ [年少組]

昨日の嫌なことをひきずったまま今朝目覚めて、嫌な気持ちのままの朝でしたが、
なんだかんだで旦那さんに吐き出してとりあえず解消しました。

ぼっちゃまは朝起きるなり、「きょうもおやすみする…」と消えそうな声で言うので、、
お休みにしました。

だけど、朝はまだ怒りモードだったので、
「明日は行くって言ったから昨日はお休みしたのに、うそつくなんてひどい。」
と攻め立ててしまいました。
反省。

少し咳が出るし、きっと風邪気味で調子悪いんだろうけれど、見た目には元気だし食欲もほぼ普通通りなので、このくらいだったらいってほしい、とも思ってしまいます。

一応病院へ行って薬をもらいました。
薬は味が美味しいので喜んで飲みますが、咳止めをもらい、っていうかこんなの飲まなくてもいいんじゃないかと思うくらいの咳ですが、
帰宅して飲んで、お昼ご飯を食べたら、何と寝てしまいました。
薬が効いたのか、やはり体調が悪いのか…。

早く良くなるといいな。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

夏季保育再開 [年少組]

2週間のお盆休みが終わって、夏季保育が始まりました。
お盆の間のんびり生活をしていたのがたたって、朝がつらい。

月曜日はほとんど起きられず、一生懸命に起こし、泣きながら準備して出かけました。
帰ってくるとぼっちゃまはバスの中で爆睡していて、
なんとか降りてきたもののグラグラしていて、よろよろと自宅に入るなりリビングで寝てしまいました。

火曜日もやはり起きられず、でもどうにか起きてなんとか準備して出かけて行きました。
やはりバスの中で爆睡していてグラグラよろよろ降りてきました。
またすぐに寝るかなぁ、と思いながら横にすると、、目を閉じてそのまま寝そうになったのですが、
「ママが〜むりやりようちえんに行かせるからつかれちゃったんでしょう(怒)」と言って、
抗議?してきました。
今朝は無理矢理ではなかったが…、と思いつつ、
そうだったかなぁというと、今度は急に覚醒して、「ぼくパソコンみたい!」と元気になってしまいました。
仕方なくYouTubeタイム。

そのままお昼寝なしで過ごしたのでムスメッコは6時半、ぼっちゃまは7時に寝ました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

必死で戦っているんだろうな。 [年少組]

ムスメッコは帰ってくるなり、

「ふつうのぱんつにかえる…」と泣くのをこらえながらつぶやいて、

そしてそのあとは、わぁーん、と泣き始めました。

ふつうのぱんつ、というのはおむつのことなのですが、
お姉さんパンツで帰ってきたのにすぐにオムツに替えたい、と泣くのは2回目です。

1回目の時は、少しお漏らししてしまったようで、ショックで泣いている感じでした、
今日も同じかなぁと思ってたけれど、そうではなく、

お気に入りのお姉さんパンツでなかったことと、幼稚園のトイレが嫌だ、ということが重なったらしくて、相当我慢していたみたい。

おうちのおトイレ行く?と聞きましたが泣いてばかりなので、オムツを履かせると、泣きながらいっぱい出たらしいです。速攻でパンパンになっていました。


行ったり来たりするのでしょうから、まあ焦らずに、というところでしょうかね、
園で頑張っているようだし、自宅ではほとんど寝ていますから(昼寝そして早寝)、家ではあと少しオムツ生活にします。
本人が履きたがればいいのですがね…。

週末はお姉さんパンツでお出かけもしていましたが、日中水分をとるとかなり頻繁に尿意を感じるみたいで、続くときは5分おき、みたいな感じでトイレに行きたいというので、ちょっと面倒…。面倒がってちゃいけないですが。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ガミガミを反省 [年少組]

幼稚園から帰って来たら、着替えて手を洗って、
おやつを少し食べたらお昼寝。

それをスムーズに実現したくて、なぜかそれで頭がいっぱいになっていました。

おやつを食べている間にさっさと体操服と靴下を洗って、洗濯機にセットし、
お昼寝させている間に干す!
とかいうのを必死こいてやっていたのですが、

「早く靴下脱いでよ!」
「早く制服脱いでよ!」
「おやつはそんなに食べたらダメに決まってるでしょ!1個だけ!」
などなど、
とにかくガミガミ言っていました…。

そしてその度にストレスも溜まるし、子供達も反発する、、、という感じで、
どんよりした日々だったのですが、
ついについに、激しくキレてしまい、虐待みたいな感じに怒りまくってしまいました。

どこかで「今日のこの思い出がずっと残ってしまったらどうしよう…」と不安になるのにでも止められない暴走…。
あまりにキレまくったので、泣かせまくったので、冷静になれました。


なぜそんなにルーティンを守ろうとするんだ…。
ようちえんでいろいろ頑張ってきたんだからお菓子くらい食べさせればいいのでは…?


と、肩の力が抜け、
気持ちも落ち着きました。



今までも何度となくこういう反省は繰り返してますが、
なぜか何かに急に洗脳されるというか、「ちゃんとしなきゃ!」と思ってしまうのですよね。。

もちろんちゃんとしなきゃいけないとは思うんだけど、いきなり100%ちゃんとなんて、無理だもん。
3歳だもん!



いつも帰宅すると二人ともすぐに小競り合いで、
とにかく泣いたり叫んだり怒ったりでしたが、

慌てて洗濯するのも止めて、お菓子を一緒に食べて、一緒に座っていたら、
小競り合いもなく喧嘩もなく、お菓子を食べ過ぎることもなく、
少ししたらお昼寝にもすんなり入り、
結構穏やかな時間でした。

そして結果的に洗濯もできたし夕飯の準備もできた。



親の行動が子どもを誘導しちゃうんだなぁ、実感。

って、何度反省しているんだか。早く身についてほしいなぁ…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児