So-net無料ブログ作成

メニュー完璧 [年少組]

夕飯の支度をしながらぼっちゃまと話していて、何気なく「今日の給食なんだったの?」と聞くと、
「ごはんと、たまごと、ニンジンと、キャベツと、あと白スープ!」
と即答してくれました。
私はもちろん1回じゃわかりません…、で、白スープってなに?と聞くと、白スープは白スープ!というぼっちゃま。そして、
たまごには野菜が入っていた!と。


給食の献立を確認すると、
五穀米、クリームスープ、スパニッシュオムレツ、ニンジンとキャベツの炒め物
でした。

すごい!完璧!
白スープはクリームスープでした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

無理やりはダメだね… [年少組]

月曜日の朝、何となく元気がなさそうな様子のぼっちゃま。
ごはんも、食べない、と何となく不機嫌。

着替えて幼稚園の準備しよう、というと、
「今日は行かない…。ドライブヘッドと遊びたいから…。」
というので、
それは甘えだ…、と思い、いろんな方法で行こうと誘って、でもダメで、
そんな風に行かないという子は「耳かき」しよう、とか、行かないんだったらお昼は野菜だけにするよ、とか、お仕置き系のことで試してみたけどダメ。

でも、あれこれ言って何とか着替えさせてバス停へ。
バスの先生に「自分で行かないと言う」という設定でバス停へ行きました。
私がカバンを持って出ると、

「ぼくは今日はいかないんだから、先生に行かないって言うんだから、カバンは持ってこないで!」
と鋭い指摘をするほどどこか冷静なんですが、でも私は無理やりにバスに乗せて行ってもらうつもりだったのでしれっとカバンを持って出ました。

バスの先生にカバンを渡して、行かない!と叫ぶぼっちゃまを無理やり乗せようとしたのですが、先生も慌てるほどに暴れてしまって完全に行かないつもりの抵抗。

3度試しましたが、ダメそうで、仕方がないので諦めました。
こんなに行きたくないのに行かせることもないか…、と。

とにかく暴れるし大泣きなので折れてしまったけれど、気持ちのどこかでは「ここで突っぱねる勇気が必要なのではないか」と思ったりもしています。
暴れれば行かなくて済む、という前例を作ってしまったのではないかと、少し不安に思っていました。


帰宅してすぐに、
無理やりに乗せようとしてごめんね、と謝って、

一応許してもらって、
鼻水出てるしお薬飲んで寝ましょうね、というと、素直に薬を飲んで、素直に寝ました。

寝るなんてびっくり。やっぱり具合が悪いのかな。

2時間ほど寝て、
起きてからは工作したりひらがなの練習をしたり、気分も良さそう。

スーパーに買い物にも行きましたがお菓子もおもちゃも買わない、という約束も守ってくれました。

そしてお昼寝も!お昼寝は3時間ほど。
こんなに寝ちゃうなんてやっぱり具合が悪いんだなぁ。

3時間も昼寝をしちゃったので夜は寝ないかな、と不安でしたが、
9時頃に就寝。これはさすがにブツブツ文句も言っていたしなかなか寝られなくてもぞもぞしていましたが、それでも寝るってことはやっぱり体が睡眠を欲しているわけだから、やっぱり具合が悪かったんだなぁと思いました。


そして翌朝。
何ともすっきりした表情のぼっちゃま。
朝ごはんももりもりと食べて、ご機嫌です。
「ご飯を食べたらドライブヘッドを見る」というので、内心着替えてからにしてくれ!と思ったけれど波風立てないために素直に見せました。
見終わってからだと出発の時間が結構ギリギリだけど、見終わってから着替えて、一応間に合いましたし、
「行かない」とかそういう素振りもせずに、すんなり着替えてくれて、すんなり家を出ました。
バスが来てもすんなり乗って行きました。


昨日のあの暴れっぷり、、、、、、、、、

やっぱり体調が悪かったんだね…。


行かない、行きたくない、というのには理由があるんだね…。
無理矢理はダメだね…。ごめんなさい。

次に行かないと言った時は、素直に認めてあげよう…、疑ってゴメン。。。。。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

また元気に行き始めました [年少組]

行きたくないと渋る日が続いたぼっちゃま。
でも風邪で調子が悪いので言っていたようでした。
行きたくない理由を聞くとお友達が意地悪するから、というようなことを言うので心配しましたが、先生の話によると…それも今の所心配するほどのことでもなさそうでした。

あまりに行きたがらないので、何だか急に心配になって幼稚園に電話して相談したのですが、なるほどなるほどと一応心配そうに聞いてくれて、「行きたがらなくても少し無理にでもバスに乗せてもらえればこちらで対処しますから」と言ってくれて、
けれど私はその「無理やり園に行かせる」というのがちょっと引っかかっていて…、どうしよう…、と思いましたが、
このタイミングで来れなくなっちゃうとずっと幼稚園に来れなくなっちゃうので…、と言われて不安になり…、
でも、
「お母さんがあれこれ心配して聞きすぎてしまうと、本人にとってはほんの些細な大したことない出来事(〇〇くんにおもちゃをとられた、お砂場で仲間に入れてもらえなかった)がものすごく嫌な出来事に変わってしまってそして園に行くのを嫌がるようになる、ということもあるので、
心配でしょうがあれこれ聞かずに送り出してもらえると助かります…。」
と、
つまり母が根掘り葉掘り聞くのは良くなく、気にしないで明るく過ごしてください、
ということで、

そうかぁそうなのかぁ、、、と逆にまた落ち込んだりしていました。

週末を挟んで4日連続休んだ時はどうなるかと思ったけれど、そのうち風邪も良くなってきたようで「バッタを採ったこと幼稚園のお友達に教えてあげよーっと。」とか、「幼稚園ではアキアカネが飛んでいて僕はそれを捕まえて図鑑で調べたんだ」とか、
元気ないつものぼっちゃまに戻りつつあったので、安心しました。

お月見団子パーティーの日、今日はパーティーあるから行ったら?というと、今日も行かない…、と一度は言ったけれど結局は登園し、その日からは毎日行ってくれています。

どうなることかと思ったけど、一安心です。



ま、将来的に、これが何かの始まりだった、ということもあるかもしれないけれど、
とりあえず目の前の出来事を対処して過ごしていくしかないので、考えすぎないようにしたいと思います。


そして、ムスメッコは本当に助かるのだけれど、
一人でも行くし(普通の子は一人で行っていて何ら特別でも何でもないけど、双子って何かと共同体だったりするので一人で活動するっていうのは結構なハードルだったりする…。)
幼稚園で楽しかったことをぼっちゃまに話して「明日は一緒に行こうよ」なんて誘ってくれてたりしたし、
本当なのかどうなのか、「ぼっちゃまがいないから私泣いちゃったの」と切ない告白をしつつも、「明日も幼稚園行くよ〜〇〇ちゃんとあそぶんだもん!」と笑顔で話してくれたりして。

元気で成長してくれることが本当に嬉しいです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

今日もおやすみ [年少組]

昨日の嫌なことをひきずったまま今朝目覚めて、嫌な気持ちのままの朝でしたが、
なんだかんだで旦那さんに吐き出してとりあえず解消しました。

ぼっちゃまは朝起きるなり、「きょうもおやすみする…」と消えそうな声で言うので、、
お休みにしました。

だけど、朝はまだ怒りモードだったので、
「明日は行くって言ったから昨日はお休みしたのに、うそつくなんてひどい。」
と攻め立ててしまいました。
反省。

少し咳が出るし、きっと風邪気味で調子悪いんだろうけれど、見た目には元気だし食欲もほぼ普通通りなので、このくらいだったらいってほしい、とも思ってしまいます。

一応病院へ行って薬をもらいました。
薬は味が美味しいので喜んで飲みますが、咳止めをもらい、っていうかこんなの飲まなくてもいいんじゃないかと思うくらいの咳ですが、
帰宅して飲んで、お昼ご飯を食べたら、何と寝てしまいました。
薬が効いたのか、やはり体調が悪いのか…。

早く良くなるといいな。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

あー、久々に嫌なことあった…。 [ぐちず]

今日は幼稚園に行きたくない、というぼっちゃま。
夏休み明けてから時々こういうことを言うのですが、「不登校を考える」みたいなテレビ番組を見た影響で「行きたくない気持ち」を尊重しようと思い、
お休みさせました。

それで、
久しぶりに支援センターへ行ったのですが、
かなりのアウェー感で凹みました…。
久しぶりなのもあるけれど、やっぱりもう対象年齢じゃない、というのがガシガシと伝わってきて、
私達が来るところじゃない、と実感してしまいました。さみしい。

今までは我が家のように感じていたのに…。

けれど、それはそれとして、そこそこ楽しんでいたのですが、お昼頃に「苦手な親子」が登場し、テンション下がりまくり。
あぁ、そうだった、この人やな人なんだったなぁ…、けど近寄らないようにすればいいし…、と、
必死で距離をとってどうにかやり過ごしていました、が、
私にとってその人のオーラが強すぎて、もちろん負のオーラが、自然と眉間にしわが寄ってしまう…。。。居心地が悪くなってしまいました。

お昼をはさんだり、別の人とおしゃべりしたりしてどうにか楽しく過ごしましたが、
最後の最後に、、、
子供同士が近寄ってしまってよろけてしまったんです、、、
もちろん誰も悪くないし、誰も痛くもないし、全然どうにもなっていないのに、
強烈に反応され、

「あー痛かったね、びっくりしたね、こわかったね、大丈夫?大丈夫?痛いところある?」
と大声で叫ばれ、

もちろん何でもないので、先生が「ちょっと危なかったねでも大丈夫だね」と声をかけ、

そしてぼっちゃまに「ちょっと危なかったねぼっちゃまは体が大きいから気をつけようね」と言ったのですが、
まあそれは歳が違うんで大きいし、大きい子は小さい子に配慮しようね、という声かけなのでわかりますが、
それをいきなり大声で復唱し、嫌味にいろいろ言われました。
だいたい、声のトーンが恐ろしいほどに強く、ものすごく脅迫的。
とにかくこわい。
他の人は何とも思わないんだろうか…。

というわけで強烈に嫌な思いをし、かといって反論するほど理性は失っていないのでただただ悶々として、それでまるで逃げ帰ってくるように帰ってきてしまいました。
何でこっちが帰らなきゃいけないんだ…。

ああぁ、いい思い出がいっぱい詰まった支援センターだったですが、
もう行くことはない…、と感じています。

アァ思い出すとむかむかする。

もう会わないだろうけど、何気に近所らしく、一度家の近くで見かけましたが、
どうかもう2度と会いませんように…。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

便秘を自力で治すぼっちゃま [3歳]

先日ぼっちゃまが便秘になりました。
基本的に便通が良いので初めての便秘。
4日出なくて、さすがにまずいかなぁと思っていました。

聞くと、固いのがあって出ない、というのですが、元気そうなので特に何もしなかったのですが、
幼稚園に迎えに行ったその日、園のおトイレで…。

おトイレに行きたくなった様子だったので付き添ってトイレに行くと、
しばらくは一人で頑張っていたのですが少ししたら泣き声がして、
みると座った姿勢で踏ん張りつつ泣いていました。
痛くてでないみたい。

私が手で取ってあげようかな、と思ったけれどうまくいかず、また押し込めてしまった状態になってしまいました。
泣きながら踏ん張ること20分、それでも出なくて、これは病院に行って処置してもらわないといけないかな、と思っていると、

ぼっちゃまは自分の指で必死になって掻き出して、
って書くとなんか簡単に言ったような感じだけど10分くらいかけて泣きながら全身の力を振り絞り、
カチカチのうんちを4つ、取り出しました。


便秘になったら、、、指でグリグリやってとればいい、
と、本人は言っているのですが…、、、、

それでも、勇気のある行動だったな、と思って、一応褒めました。
普通なら出来ないんだよ、ぼっちゃまは勇気があってすごいよ、と。

誰にも教わらないのにそういうことやるんですね、びっくりしました…。
思い出すと今でも、、、かわいそうでかわいくて切なくて…。

そうならないよう、食事に気をつけてあげたいと思います、とは言っても自己主張の激しいぼっちゃまなので、野菜は食べない!と宣言するし、ごはんはいらない!と全拒否の日もありますので、できる限り、という感じだけれど。

直に指でとったので、しばらくお手手はうんちのにおいが取れませんでした…、何度も洗って何度もにおいのチェックをしていたせいか、手を洗うと私の鼻のところに指を差し出すぼっちゃま。
ま、そんなこともいい思い出になりそうです…。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

かわいいでしょ、ってのがかわいすぎ [3歳]

タウン誌を見ていたら、動物園の案内があってそこにリスが写っていました。

ぼっちゃまも見たがってたので見せると、
「ねえママ、ちょっと来てヨォ、ネエ見てみて〜」とメロメロした可愛い声で私を呼んで、
なにだかニヤニヤしています。

遊びたくて呼ばれることはよくあって、そういう時の声は「もぉ!はやくしてよ!」というトーンなんだけどこの時はもう、まさに猫なで声ってやつで、すでにかわいい。

そばへ行くと、
「ねえほらこれ、みてよみてよぉ〜、かーわいーでしょぉ、ねえ、リスだよぉ、かわいー」
とぼっちゃま。

リスもかわいいけど、
そんなぼっちゃまが、、、、、
かわいすぎ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

夏季保育再開 [年少組]

2週間のお盆休みが終わって、夏季保育が始まりました。
お盆の間のんびり生活をしていたのがたたって、朝がつらい。

月曜日はほとんど起きられず、一生懸命に起こし、泣きながら準備して出かけました。
帰ってくるとぼっちゃまはバスの中で爆睡していて、
なんとか降りてきたもののグラグラしていて、よろよろと自宅に入るなりリビングで寝てしまいました。

火曜日もやはり起きられず、でもどうにか起きてなんとか準備して出かけて行きました。
やはりバスの中で爆睡していてグラグラよろよろ降りてきました。
またすぐに寝るかなぁ、と思いながら横にすると、、目を閉じてそのまま寝そうになったのですが、
「ママが〜むりやりようちえんに行かせるからつかれちゃったんでしょう(怒)」と言って、
抗議?してきました。
今朝は無理矢理ではなかったが…、と思いつつ、
そうだったかなぁというと、今度は急に覚醒して、「ぼくパソコンみたい!」と元気になってしまいました。
仕方なくYouTubeタイム。

そのままお昼寝なしで過ごしたのでムスメッコは6時半、ぼっちゃまは7時に寝ました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

プールデビュー [おでかけ]

東武動物公園のプールに行ってきました。
プール、いろんな意味でビビっていましたが、すっごく楽しめました。

お盆のプールはヤバイほどに混んでいて、プールサイドなのかプールなのかわかんないくらい人がいっぱいだし、場所取りもものすごく無理、ってくらいにびっしりとテントが並んでいて、キャンプ場かと思いました。
うちの家族だけだったらビビってひいてさっさと帰っちゃうところでしたが、
お友達のパパが場所取り頑張ってくれてテントを作ってくれたので少し休めたし、子供達もお友達と一緒なのでテンションMaxで張り切っていました。

ぼっちゃまはプールが大好きみたいで、滝にもガンガン入っていくし滑り台は無限ループでどんどん攻めていました。波のプールの大波には少々驚いて泣きそうになり、「楽しくなかった…」と凹んでいましたが、それでもすぐに笑顔に戻って泳ぎ続けていました。
ムスメッコは激しいのはまだちょっと怖いらしく、水のかからない小さな滑り台を無限ループ。
遊びまくって真っ黒に日焼けしました。

親の方は…、水着にビビっていて、いろいろ検索してラッシュガードとかいろいろ買い揃え、そこそこ見栄えがましなように気を使い、
私はラッシュガードにトレンカにサーフパンツという、全身固めたスタイルを揃えたのに、トレンカを忘れてしまい…、足は真っ黒に日焼けしてしまいました…。
上半身はラッシュガードのおかげで全くの無傷。でも鼻の頭だけちょっと焼けてしまいました。

プールに4時までいて(4時!4時だよ!4時!しんじらんない!)、そのあと遊園地でも遊んで、閉園まで遊び続けました…。すごい。

ぼっちゃまはプールから出たあと急に眠気が来て、寝てしまいました。お友達を待っている間芝生に寝かせていたら1時間ほどでスッキリと起きて、また元気になりました。

お友達家族はいつもディズニーランドで開園から閉園まで遊ぶらしく、8時に帰れるなんて早いし楽、と笑っていましたが、こっちはもうヘトヘト。プールのあとに遊園地だよ…、すごいよ。

でも相当楽しかったのでそんなヘビーなツアーもこなせました。
園内でも歩き回っているけど駐車場までも相当遠くて、私にとっては1年分くらい歩いた気がしました…。

遊んでいる時にも帰る時も、それほどグズり倒すこともなく平和で、
子供とのお出かけが楽しくなってきています。
もちろんぐずる時もあるけど、言葉が通じるっていうのはかなり助かる。
説明すれば納得してくれるし、何に泣いているのかがわかるってだけでもかなり楽。

今年のお盆休みはたくさんたくさん遊んで、盛りだくさんです。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

あの時あのこ泣いてたよね [3歳]

いとこからキックスケーターをもらいました。
半年くらい前かなぁ、ぼっちゃまは気に入って時々乗っていてだいぶ上手になっています。
ムスメッコはまだあまり乗れませんが、興味はあるみたいです。

今日買い物に行く途中でキックスケーターに乗っている姉妹とすれ違いました。すると、
「きっきしけーと、あのこ乗ってたね」というので、
何だっけそれと思いながら話を聞いていると、キックスケーターのことでした。
そして、ぼっちゃまのキックスケーターは誰にもらったんだっけ、と聞くのです。
もらったこともよく覚えているなぁ、と思いつつ、いとこの〇〇くんだよ、というと、
「あの時〇〇くん泣いてたよね」とつぶやきました。
よく覚えているなぁ、ほんと。

いとこの家で遊んでいる時ぼっちゃまがキックスケーターを見つけて勝手に遊んでいたら、もう遊んでいないから持って帰っていいよと義弟が言うので車に積んでいたら、
持ち主の〇〇くんが勝手に持って行くな、という感じで泣き出してしまいヤバイ空気になった、
という出来事があり、
かなり気まずい気持ちのまま持ち帰ったキックスケーターです。
その子は、自分のものなのにパパが勝手にあげた、ということが許せなかったらしく、泣いていたらしいです。パパが勝手に…。それはまずいよね…。
パパの言い分としては、ずーっと外にほったらかしに置いてあったくせに今更どうでもいいだろ、ということみたいですが、
それはちょっと違うよねぇ…。

こういうこともほとんど正確に記憶がある、ということがわかり、すごいなぁと思うのと、気をつけないとと思うのとの両方でした。
何でも見ている、っていうことですね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児